MENU

バルクオムの成分

バルクオム 成分

男性用でも女性用でもコスメを購入するときに配合成分をチェックすることは大切です。

 

どんな成分が配合されているかで期待できる効果が分かれるのはもちろん、直接肌につかうものです。

 

敏感肌の方や脂性肌の人は配合成分によっては逆に肌荒れしてしまう可能性があります。

 

お金を払ったのに逆に肌が荒れてしまった、全然効果が得られない!なんて踏んだり蹴ったりですよね。

 

また化粧品には品質を保つために必ず毒性成分が配合されてしまいますが、バルクオムはどうでしょうか?

 

バルクオム洗顔料の配合成分からわかるバルクオムの安全性について調べてみました。

バルクオム洗顔料 配合成分

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ油、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

 

バルクオム 成分

バルクオムの洗顔料成分を見てみるとかなり安全性にこだわって成分が配合されている事がわかります。

 

バルクオムは洗顔料に含まれる事が多い合成界面活性剤が含まれておらず、乳化剤を足す事でその働きをカバーしています。

 

またバルクオムの乳液に配合されているイソステアリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアロイルグルタミン酸Naも安全性が証明された成分なので肌に使用しても問題はありません。

ただし、香料が配合されているので、心配な方は使用前に一度パッチテストを行ったほうが安全です。

 

バルクオムは洗顔料、化粧水、乳液のどの成分をみても安全性が高いのが特徴のメンズ用洗顔料。

 

品質に関してはどのメンズコスメよりも力を入れているといっても過言ではなさそうですね。

 

バルクオムはニキビや肌荒れで悩んでいる人、敏感肌の男性でも使用できるので安心してください。

 

 

バルクオムスターターキット購入はこちら>>